2008年09月30日

公立病院は献金しない

 気の毒に、銚子市民は病院を失うそうだ。建設やら誘致やらには大金(税金)をはたいても、病院を支援する金はないそうだ。
 なんでかと思ったら、市長さんが「公共工事とのバランスを欠く」というようなことをおっしゃておられた。正直なこと!
 献金(という名の税金還流)しない病院のために、大切なスポンサーをなくす訳にはいかないってのが、無記名で賛成した議員さんや市長さんの本音なんでしょうね。
 いつものことながら、こうなるまで税金むさぼりを許してきた銚子市民の自己責任かと…。
posted by 愛国人 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。