2009年10月21日

占領

 日米友好の仮面をかなぐり捨て、沖縄が未だに米軍による占領状態にあることをゲーツが宣言した。沖縄の米軍が、どこにどれだけいつまでいるか、日本には一切口出しさせない。同盟とは名ばかりの、これがアメリカの本心だ。
 自民党(近年は公明党も含めて)による売国政策のこれが現実だ。自民党がアメリカに差し出した沖縄を取り返さなくてはならない。いや、ことは沖縄だけではない。本土の米軍基地も同じことだ。
 ことと次第によっては戦後最大の危機を迎えるかもしれないが、日本が真に独立するチャンスでもある。
 米軍が大軍を送り込んでくるか、暗殺部隊を使うか、米中が結託して日本を押さえ込みにかかるか。日本は心して立ち回らなければならない。
 おっと、腰砕けになればすべて杞憂で万々歳だけどね。沖縄以外は。
タグ:沖縄 ゲーツ
posted by 愛国人 at 23:23| Comment(39) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

領土は手放さない

 米軍は沖縄の基地を手放さない。他県つまり沖縄以外などとんでもない。米軍領沖縄だからこそ好き勝手なことができるのであって、他県では手足を縛られて不自由この上ないのだ。今や数少ない米軍の海外領沖縄。ゲーツの態度を見れば、彼が沖縄が米軍領であることを日本に念押ししに来たのは明白だ。
 民主党には沖縄が日本領であることを、ゲーツに思い知らせてもらいたい。沖縄に関して相手国の事情を理解しなければならないのは、日本ではなくアメリカだ。
 本当に怖いのは中国・北朝鮮か、はたまたアメリカか?
posted by 愛国人 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。