2008年07月24日

無差別殺人者は犯人だけか?

 またまた「誰でもいい」殺人だ。犯人を許せないという声は当然だ。だがしかし、それでこの手の殺人はなくなるか?人の命の大切さを教えてみんなが納得するか?
 今の日本は、右を見ても左を見ても、偉そうな顔をした無差別殺人者だらけではないのか?ナイフで刺すだけが殺人じゃなかろうが。
 日雇い派遣で若者の人生を搾り取る殺人。自殺や過労死するまでこき使う殺人。障害者・片親家庭・生活保護世帯・老人を、生きながらじわじわと絞め殺す福祉切り下げ殺人。介護する人に介護する相手を殺させる貧弱福祉殺人。生活保護門前払い殺人。
 毎日毎日こんな人間軽視のニュースを見ていて、人間を大事にする気になれるか?
 天下り、公共事業、談合で税金を吸い取る一方で、弱者を無差別殺人する役人・企業。そして、日本をこんな国にした大元締めの自民・公明
 自民・公明に投票する者も無差別殺人に手を貸していることを知れ。
posted by 愛国人 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103463742

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。