2006年10月27日

学校も狂ってる

全国の高校で明らかになった、必修科目の履修漏れ。原因は、教師の「大学受験に関係ないから。」にはあきれる。高校と予備校の違いは何なんだ?と聞きたい。高校の教師自らが、自分の学校を予備校にするとは。そんな教師はさっさと退職して予備校の教師になればいい。
これにかかわった教師は全員不適格であり、責任をとらせるべきである。またぞろ、なんの責任もとらずにうやむやにするなら、それこそ生徒に無責任な世渡りの見本を見せることになる。
それにしても、学校を競争させようという構想があるらしいが、優劣の基準はどこにおくのかね?全国テストの順位ということにでもなれば、全教師がこれと同じ事をするようになるんだろうね。
posted by 愛国人 at 00:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の学校も履修漏れしていた学校の①つです。
今、不安でいっぱいです;;
学校や政府側は、どのように対処してくれるのか。「学生にあまり負担のかからない最良の対策にしたい」と言っているが、具体的にどうなのか、未だにまったく教えられていない。私達のことを本当に考えてくれるのなら、自分の非を少しでもやわらげようと考える前に「最良の対策」を一刻も早く決定してほしいものです。
Posted by しきやな at 2006年10月30日 09:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。