2007年10月17日

好都合なミス

 給油量の次は航海日誌の破棄ときた。大きなミスがかくも都合よく起こるものか。給油量はばれてしまったが、破棄してしまえばばれる心配もない。うまいもんだ。
 これは自衛隊が独断でやっていることなのか、政府も承知の上なのか。政府も知らないところでやっているとしたら、シビリアンコントロールなど絵空事だ。
 軍隊なんてものは箍をゆるめれば、いずれ暴走する。新法に、国会承認を入れないということは、自民・公明はそれを望んでいるのか?佐藤隊長の例もある。自衛隊がいつでも法律に定められたとおりに行動するとは限らない。
posted by 愛国人 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

シビリアンコントロール
Excerpt: シビリアンコントロール文民統制(ぶんみんとうせい、シビリアン・コントロール、英語|英:civilian control of the military)とは、文民の..
Weblog: あいりのブログ
Tracked: 2007-10-30 03:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。