2008年12月16日

予定通り

 切られた派遣社員が、家も追い出され路頭に迷っている。これが大騒ぎになっているが、ちょっと待って欲しい。
 安い給料でしかもいつでも首を切れるとなれば、企業がとびつくのは当たり前でしょう。3分の1で済んでいたのが幸いと言わねば。
 企業の経営が苦しくなれば、まず非正規雇用の首を切るのも当然ですね。自民公明のお歴々がこのことを予想しなかったなどとは言わせない。
 首を切られた中に、小泉選挙で踊った人はいないのかな?秋葉でタロウタロウと叫んだ人間はいないのかな?
 選挙に行かない人間、選挙で自民公明に投票する人間は、人間として粗末に扱われることに文句を言う資格はない。自民公明は、企業が人間を絞ることに、法的根拠を与えることを役目とする政党だからだ。
posted by 愛国人 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

苦汁は誰が?

 御手洗氏は言う。派遣切りは苦渋の選択と。派遣の規制緩和を望んだ理由が簡単に首切りができること、だったのに、白々しいことを言う。
 苦汁を飲まされたのはあんたが切った派遣社員でしょうが。今日でクビ。明日は寮を出て行けとは、相手を人間だと思ったら、なかなか口にできない言葉でしょう。人非人御手洗の面目躍如か。
 それでもキャノン製品を買う人間も人非人の仲間だ。
posted by 愛国人 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

軍は豹変する

 佐藤隊長だけではない。軍人が勝手なことを始めている。何を?そう、自衛隊を旧軍に戻そうとしている。旧軍の価値観を今に蘇らそうとしている。そうしようとしている将校がたくさんいる。
 なあなあで済ませていると、いつか銃口が自分に向くよ。自民・公明のみなさん。
 いや、銃口でうるさい国民を黙らせようというのが、自民・公明の本音かも。面倒な国会など関係ないか。
 世界中で今に至るまで、軍人が自国民を撃った例など枚挙にいとまがないことを忘れなさんな。日本国民のみなさん。
 手遅れになると、誰も口をはさめなくなるよ。かっての日本はそういう国だった。
posted by 愛国人 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

公立病院は献金しない

 気の毒に、銚子市民は病院を失うそうだ。建設やら誘致やらには大金(税金)をはたいても、病院を支援する金はないそうだ。
 なんでかと思ったら、市長さんが「公共工事とのバランスを欠く」というようなことをおっしゃておられた。正直なこと!
 献金(という名の税金還流)しない病院のために、大切なスポンサーをなくす訳にはいかないってのが、無記名で賛成した議員さんや市長さんの本音なんでしょうね。
 いつものことながら、こうなるまで税金むさぼりを許してきた銚子市民の自己責任かと…。
posted by 愛国人 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

座間を見ろ

 米軍に日本国内でできないことなどない。最後まで言うことを聞かないいけない子だった座間も、最後はしゃくりあげながらいい子になって、ご褒美をもらってる。めでたしめでたし、である。
 日本の真の支配者は米軍であり、自民党は米軍の僕である。
 いや、おそらく自民党以外が政権をとっても、最後までは米軍に抵抗はできまい。今や日本人の心の深層に、米軍がいなくなったら…という恐怖心が染み込んでいるだろうから。
posted by 愛国人 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

無差別殺人者は犯人だけか?

 またまた「誰でもいい」殺人だ。犯人を許せないという声は当然だ。だがしかし、それでこの手の殺人はなくなるか?人の命の大切さを教えてみんなが納得するか?
 今の日本は、右を見ても左を見ても、偉そうな顔をした無差別殺人者だらけではないのか?ナイフで刺すだけが殺人じゃなかろうが。
 日雇い派遣で若者の人生を搾り取る殺人。自殺や過労死するまでこき使う殺人。障害者・片親家庭・生活保護世帯・老人を、生きながらじわじわと絞め殺す福祉切り下げ殺人。介護する人に介護する相手を殺させる貧弱福祉殺人。生活保護門前払い殺人。
 毎日毎日こんな人間軽視のニュースを見ていて、人間を大事にする気になれるか?
 天下り、公共事業、談合で税金を吸い取る一方で、弱者を無差別殺人する役人・企業。そして、日本をこんな国にした大元締めの自民・公明
 自民・公明に投票する者も無差別殺人に手を貸していることを知れ。
posted by 愛国人 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

機会を失したNHK

 逆転勝訴した結果、NHKは右翼政治家に媚びた事実を認め、謝罪する機会を失した。右翼政治家に屈して報道の自由を放棄したNHKが、報道の自由で勝利するのも皮肉だが、これで右翼の意に沿う報道機関との評価が定着する。受信料など払えない。
posted by 愛国人 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

予備軍はいっぱい!

 同じ境遇に置かれた人はたくさんいる。加藤の後に続く人間は出る。
 人間を産業機械・コストとしか見ない企業が、第2第3の加藤を生む。
 自分は人間として扱われることはない、と思った人間が次の加藤になる。
 企業第一の自民・公明による相次ぐ弱者切捨てが、人間として扱われない人間を不安と絶望に導く。
posted by 愛国人 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

黙れ、教員!

 東京都の教員は大変だ。君が代に起立しなければ、職も奪われ、職員会議でも学校運営に口を挟めない。ただただ、校長の指示に従うのみ。まあ、教員にも生活があるから、ここは一つ長いものには巻かれていたほうがいいか、ってなもんだ。
 信念も理想も押し殺す教師に、生徒だって異常行動で応えるしかないってか。
 こうして、石原知事好みの従順な国民が、異常な子供を生みながら育っていく。
posted by 愛国人 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

うまい汁は手放せない

 道路に限らず、公共工事とは税金を、政治家と企業と役人とで合法的に山分けするシステムだ。無駄な道路だとか、予測の甘さとかいろいろ批判しても、意味はない。連中にとって、予測だとか、必要性だとかは、初めから、工事をする口実にするために作り上げるものなんだから。
 結果、行き止まりのトンネルだろうが、道路のない橋だろうが、関係ない。工事さえすれば、工事代金さえ払われればそれでいいのだ。陸も海も、日本中をコンクリート漬けにして、これからも無駄な工事はなくならない。
 企業献金とは、税金で支払いを受けた企業から、政治家が分け前を受け取るシステムに他ならない。自民党とはそのために政治家になった連中の集団だ。だからこそ、道路・公共工事予算を守ることは、彼らにとっては命懸けの問題なのだ。
 そのまたおこぼれに預かろうとする国民のなんと多いことよ。
posted by 愛国人 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

目の当たりにする中国流

 オーストラリアで中国応援団がチベット応援団を数で圧倒する様子がテレビに映し出された。今チベットで起きている、漢人の大量移住によるチベット文化の希釈そのものだ。
 漢人の大量移住を続けていけば、いずれチベットは自然消滅する。それが13億人という武器を持つ中国流だ。
posted by 愛国人 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

日本人のチベット批判

 中国のチベット軍事侵略。オリンピックが終わればまた世界は忘れるだろう。日本人も中国を批判することは大事だ。しかし、引っかかる。
 日本の琉球武力併合のことはどうなる。敗戦を終戦と誤魔化すよりも、琉球併合を琉球処分と言った方がもっとわかりにくい。つまりよりうまくあいまいにできる。
 戦時中日本軍は琉球人を虐殺した。戦後はその琉球をアメリカに差し出すことで、アメリカによる琉球人迫害を許している。
 中国を批判する人は、日本史でもほとんど無視される事実にもっと目を。さもないと、中国批判の資格を問われる。
posted by 愛国人 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

軍部の増長

 高裁の違憲判断について、現役軍人の最高幹部が無視発言!危ない危ない。自民・公明の軍事優先政策が続いた結果、とうとう軍部が勘違いするようになった。
 この先、軍部の独善を止めることが難しくなるようだと、ほんとにいつか来た道に逆戻りだ。イラク派遣軍の佐藤司令官が後少しで暴走するところだったし。
posted by 愛国人 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

可哀想な裁判所

 高等裁判所ともあろうお方が、たかがホテルごときに無視されて、しかもホテルには何のお咎めもないってのは、ほんとびっくりだった。裁判所の決定なんて別に従わなくてもいいんだ。
 そこへもってきて、今度は違憲判決などなんの影響もないと、行政府の偉いさんに公言されてしまったし。
 一体日本の裁判所って何なの?町村さんは、聖火リレーの警護に関して、日本は法治国家だと言ってるけど、ほんとかね?
 まあ、こうなったのも行政の追認機関かい?って思わせるような判決を連発した裁判所の自業自得ってところもあるんだけど、司法の権威が失墜して、最後に困るのは、多分国民なんだよなー。
posted by 愛国人 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

説明なんてできませんって

 今さら天引きだ、保険料アップだって騒ぐのは遅いって。もともと2年前に自民・公明の強行採決でできた制度なんだから。制度がスタートする前に、年寄りにも分かるように説明なんかしてみなさいよ。あちこちで反対の火の手が上がって収拾つかなくなるでしょうが。賢い政府がそんなことするわけがない。制度発足まで黙っているのが賢明。
 障害者・生活保護世帯・母子家庭。一貫して弱いものいじめにまい進している自民・公明に投票し続けた年寄りが、自ら招いた災難でしょう。
posted by 愛国人 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

でかした!暴力団と無責任役人

 厚労省がまたまた貧乏人いじめに成功した。今度は生活保護受給者の交通費カットだそうだ。かねて貧乏人からなけなしの金をむしりとることに血道をあげている厚労省の役人にとって、暴力団とぼーとして仕事しない役人とのコンビがやらかしたタクシー代詐取事件は渡りに船。内心「してやったり!でかした!」と小躍りしたことだろう。
 こんな偶発的な事件をネタに、基準全体を変えてしまうなんてこと、本来はあり得ない、などと言ってみても始まらない。生活保護費カットがかねてからの目的なのだから、こんなチャンスを逃す手はない。
 集団自決記述削除のやり方とおんなじ。
posted by 愛国人 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

法律の範囲内

 自衛隊官舎にも、ピザやら寿司やらAVやらいろんなチラシが入っていたでしょうが。でもね、そんなこといくら言っても無駄。法律でできる範囲なら、平和運動は徹底的に弾圧されるの。
 右翼が激励のメールをしたっていうけど、右翼は心配ないよ。会場使用拒否しようが、映画が中止になろうが、右翼の街宣活動が取り締まりの対象になるなんてあり得ないんだから。
posted by 愛国人 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

自国民を殺す軍隊

 中国軍がチベット人を殺しているそうだ。中国が、口ではチベットは中国などと言っていても、実は自分が武力で占領した国だと思っている証だろう。チベットは抵抗しているが、沖縄は抵抗しない。その違いはあるが、チベットと沖縄は同じ運命の小国だ。
posted by 愛国人 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

事件に見る日本と沖縄の違い

 横須賀の米軍兵士の逮捕に当たっての米大使の手厚い対応はどうだ。沖縄との対応の差は単に距離だけの問題かい?そうではない。横須賀は日本であり、更に首都に近い場所だから手厚く対応しておく必要があるのだ。さもなければ、米軍の駐留に対する日本人の反発が強くなる。
 沖縄は違う。沖縄で何が起きようと、大半の日本人にとってはどこか遠い場所の話。もともと日本のために人身御供に出した土地なんだし。下手に抗議して、では基地を日本に、などという話になっては困るのだ。
 沖縄は日本にとどまる限り、永遠に米軍領であり続ける他はない。
posted by 愛国人 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

全貌を現した人間使い捨て政治

 後期高齢者医療制度がスタートした。この内容を知って、「ああ、日本は年寄りを大事にする国だ。日本に生まれてよかった。」と思った年寄りはほとんどいまい。やくざや高利貸しの社長、経団連会長といった大金持ちを除けば、みんな、国は自分に対して「早よ死ね」と言っている、と感じていることだろう。
 そのとおり。経団連会長と自民党・公明党にとって、生産の役に立たない年寄りは、金を食うだけの存在、単なる社会のコストでしかないのだ。
 でもね、そうなったのはあんたたち年寄りのせいでもあるんだよ。あんたたちが長年自民党に投票し続けた結果がこれなんだから。
 自民党・公明党に投票する人、キャノン製品を買う人は、自分が年寄りの首を絞める手の1本になってるってこと、気がついてね。
posted by 愛国人 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。