2008年04月02日

警察・右翼連合軍の2連勝

 日本では、警察・右翼連合軍には誰も逆らえなくなってきた。それも、登場しなくてもその影に怯えさせるだけで、国民の側が勝手に舞台を降りてくれるのだから、これ以上ない勝ち方だ。長年の街宣活動の成果が実を結びつつある。今後は舞台に立つこと自体を思いとどまらせるようにまで持っていく事が肝要だ。
 反戦ビラごときでも、法で可能な範囲なら家宅捜索・起訴などと大げさなことをあえてやり、映画上映という、法では止められないことは右翼にやらせる。見事なタッグプレーだ。だから、右翼を威力業務妨害で取り締まるなんてこと、やるわけがない。
 稲田氏をはじめ、口先で表現の自由などとのたまわっている自民党・公明党の諸氏も、内心笑いが止まらないことだろう。
 自民・公明に投票するすべての国民は、自分の1票が日本を戦前・戦中に戻していることを知るべきだ。それは、自分の子供・孫が戦地で現地の人を殺し、あるいは殺されることを覚悟するということだ。
posted by 愛国人 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

金のためなら弁護士だって

 山田明文氏のように、金のためなら法を無視する弁護士もいる。「自分の主張が認められなければ裁判所の決定を無視してもよい」と公言する弁護士を、弁護士会は放置するのかね。
 しかし、右翼の力に誰も逆らえず、金のためなら法を無視する弁護士を誰も咎めない。えらい国になってきた。
posted by 愛国人 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

右翼・警察組の不戦勝

 ホテルが経営に危険を感じる程の右翼の妨害行動。長年にわたって放置してきた警察とともに、ついに戦わずして勝つまでになった。右翼・警察組にとって、西武はまことに理想的な対応をしてくれた。誰からも非難されることなく、何にもしないのに勝手に勝利が転がり込んできた。
 右翼の妨害行為を徹底的に取り締まって、憲法の権利を保障するのが警察の役割だろうが。
ラベル:右翼 西武 警察
posted by 愛国人 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

暫定なんだから

 とにかく暫定と言ってられる期間はとっくに過ぎてるでしょ。土建屋も自民党の政治家も暴力団も道路建設で十分儲かったでしょうに。役人も楽してきたんだし。
 ここらで正規に戻して、それでもどうしても必要なものなら、もう一度暫定増税案を国民に問えばいいでしょうが。
posted by 愛国人 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

右翼>東京高裁

 右翼は強い。ホテルにとっては、東京高裁の判決など右翼の前では芥子粒ほどの権威しかない。
 警察だって日教組は嫌いだから、右翼の取締りなんてやる気はない。と言うより、右翼は警察がやりたくてもできないことを、警察に代わってやる、警察代行機関としての役割を果たしているのだから、警察にとっては役に立つ存在というわけ。
 かくして、わが国においては、憲法上の権利など絵空事であり、あくまでも右翼が承認した範囲での話しということが、再確認されたわけであります。
ラベル:警察 日教組 右翼
posted by 愛国人 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

自衛隊と名前を変えても中身は日本軍

 防衛研究所が、沖縄の集団自決は自発的なものと決め付けているそうだ。自衛隊と名前を変えたところで、自らの悪事をなかったことにしたい日本軍そのものであることを、自ら認めたってことか。
 軍の強制だったというたくさんの証言は無視。強制ではなかったというわずかな資料にしがみつく。みっともない姿だ。
posted by 愛国人 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

非国民の次は極左テロリスト

 自民党の太田議員が福島党首を極左テロリスト呼ばわりしたそうだ。昔は政府の意に従わない(戦争に反対する)人を非国民と呼ぶことで社会からはじき出し、国を挙げて戦争にまい進する手段にした。自民党はまた同じ方法で戦争にまい進する日本を復活させたいらしい。
 太田議員のような人間が日本を恥ずかしい国に戻す。福岡の人は心して欲しい。
posted by 愛国人 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

さっさと金をもらったら?

 岩国市長が辞めたそうだ。金に頭を下げないアホ市長だ。岩国市議を選んでいる岩国市民は、自分たちの町が、さっさと金をもらって米軍領になればいいのにと思っているってことか。
posted by 愛国人 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

日本政府の本心

 今回は1歩引いたが、日本は、日本軍は悪くなかったと言いたい本心が消えたわけではない。少しずつなしくずしに、集団自決は琉球人が日本人としての本分を尽くしただけのこと、と言う風にもって行く方針に変わりはない。戦前も戦中も戦後も、ずっと琉球は日本に併合され、踏みつけられることに変わりはない。
ラベル:日本軍 集団自決
posted by 愛国人 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

金に跪かせる日米同盟

 再編協力派には金をあげるが、反対ならやらない。逼迫する地方財政の前には、金で釣られるのもやむを得ずか。日米同盟と言っても所詮は札束で地方の顔を張っているだけだ。
ラベル:日米同盟 再編
posted by 愛国人 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

好都合なミス

 給油量の次は航海日誌の破棄ときた。大きなミスがかくも都合よく起こるものか。給油量はばれてしまったが、破棄してしまえばばれる心配もない。うまいもんだ。
 これは自衛隊が独断でやっていることなのか、政府も承知の上なのか。政府も知らないところでやっているとしたら、シビリアンコントロールなど絵空事だ。
 軍隊なんてものは箍をゆるめれば、いずれ暴走する。新法に、国会承認を入れないということは、自民・公明はそれを望んでいるのか?佐藤隊長の例もある。自衛隊がいつでも法律に定められたとおりに行動するとは限らない。
posted by 愛国人 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

いつまで日本にしがみつくの?

 沖縄県人は昔から2等国民とされていたが、今も日本人の意識は変わっていないということが、今度の教科書問題でもよくわかったでしょう。日本人は2等国民たる沖縄県人を戦前も戦後も踏みつけてきたけど、これからもことあるごとに同じことが繰り返されるよ。こんな屈辱いつまで我慢するの?
posted by 愛国人 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

沖縄条項 原爆と同列にはならない

 教科書検定に「沖縄条項」新設の要望に対し、広島・長崎もあるので難しいと。原爆に特別な条項は必要ないでしょう。なぜなら日本人は自分が被害者になったことは決して忘れないから。
 問題は加害者になった事実を極力なかったことにしようとすることにある。恥を知れ、日本人。
ラベル:沖縄条項
posted by 愛国人 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

泥棒見逃しの市長

 職員の年金保険料横領を知りながら刑事告発しない市長は、市民よりも同僚たる役人の方が大事らしい。
 こんな仲間内のかばい合いを許すな。泥棒が盗品を返したら許してもらえるのか?何が社会的制裁だ。それは刑事裁判の判決の中で情状として斟酌されることだろうが。
 市民はこんな市長に投票してはいけない。
posted by 愛国人 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

金持ちが大衆の金を吸い上げる世界

 バイオ燃料のおかげで、穀物が暴騰しているそうだ。原油も天井知らずの有様。世界の投機資金が跳梁跋扈している。投機資金が大儲けする金は、世界の大衆が値上がりした食料やガソリンを買ったお金だ。
 かくして金持ちはますます金持ちになり、大衆はいつも貧乏だ。個人が額に汗して働くかどうかなどということは関係ない。
 アメリカがこんな世界を作り、かつ貧乏国から金を吸い上げることを国としてやっているのもアメリカ。世界一の軍事力と経済力で金持ちを肥え太らせ、自らも肥え太り続けるアメリカに、貧乏人が抵抗する手段として、テロ以外に何かあるのだろうか?
 サミットに合わせてテロの警戒訓練をしているらしい。何故日本がテロに狙われなければならないのか。アメリカ軍の尻尾について歩く自民・公明のせいだろうが。
posted by 愛国人 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

自作領収証がOKの法律って?

 自民党の千葉県連が自作の領収証を使っていたことに対し、総務省は違法ではないと。アングリである。
 領収証を自作するよりも、コピーをとるほうが事務負担が大きいだと?国民をなめた言い訳だ。自民党の特権意識も大概にしろ。千葉県民は恥を知れ。
 いっそのこと民間でも自作領収証を認めたらどうだ。
posted by 愛国人 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

社会の規範

 武道復活の目的は、社会の規範を身につけさせることだという。笑わせる。社会の規範は世のお偉方が身を持って示してくださっているではないか。
 政治家の金のごまかし方。警察の不祥事。教師の痴漢。役人の横領。
 何をしたって、無責任。やったもの勝ち。
 こんな勝手な連中が日本に君臨しているってことを、今の青少年は見ている。
 帳簿をごまかす連中を全部首にしてからものを言え。
posted by 愛国人 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

軍野放しに第一歩

 あくまでも軍国の再来を目指す自民・公明政権が、今度は自衛隊の海外活動への国会承認を不要にする算段をしている。こうして一歩一歩軍野放しに近づいていく。
 佐藤議員の発言も放置したまま自衛隊を自由にしていいのか?この流れを放置すれば、いつか必ず軍国が復活する。かっての日本国民の過ちをまた繰り返すのか?その時一部の軍人のせいにして、国民は被害者である、とだけ言えるのか?
ラベル:軍国
posted by 愛国人 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

首相としての判断はないのか?

 辞任は「遠藤さんが自ら判断したことだ」と言う安倍首相。疑惑発覚時も公正にとか説明をとか、一般論のコメントに終始した。
 首相として自らの内閣の大臣が起こした問題に対して、まったくなーんの判断も示さないってのはありかい?
 いやいや、ぬくぬくと育ったおぼっちゃまにこんな厳しい局面の判断を迫るのは酷ってものか。
posted by 愛国人 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

バレ元かい?

 書類を偽造して税金を詐取しようと、領収書を改ざんして偽収支報告書を作ろうと、ばれたら訂正して返せばそれで済むの?警察にしろ検察にしろなぜ刑事事件にしないんだろう?自衛隊官舎にビラまいたことより、よっぽど罪は重いんじゃないの?
 これじゃ、インチキはなくならないよね。だってバレ元だもん。今はたまたま重なったから騒ぎになるけど、単発だったらそれっきりなんだろうね。 
posted by 愛国人 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。