2006年12月16日

愛国心と母子加算

 生活保護の母子加算が廃止される。当事者は情けない思いでいっぱいだろう。個人、特に生活困窮者への厳しい仕打ちが続く。
 一方で防衛庁は省に格上げだそうだ。どんどん軍事優先の国になっていく。こういう国の権力者が愛国心などと言い始めることが、将来どんな恐ろしいことになっていくか、自民党に投票する人達は考えないのだろうか?自分の子供や孫の時代にどんな世の中になっているか、心配にならないのだろうか?それが不思議だ。
posted by 愛国人 at 22:54
"愛国心と母子加算"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。