2009年07月09日

憐れなり、与那国人

 与那国は戦禍にあわなかったからか。与那国人には沖縄の惨禍は遠い世界の話か。
 憐れ金に目がくらんだ与那国人。自衛隊を呼んで儲けたいとは。
 しかし、那覇市議選で自民公明を勝たせる沖縄人だ。どっちもどっちか。沖縄の戦後は終わったのか。
 もしそうなら、今後沖縄の悲劇を売り物にせんで欲しい。
ラベル:自衛隊 与那国
posted by 愛国人 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

飲み込まれるウィグル

 ウィグルで漢人がウィグル人を襲っているそうだ。他人の家に土足で上がりこみ、追い払おうとした家人を逆に袋叩きにしているようなもんだ。
 もともと漢人たちはウィグル人の土地と資源を奪うためにウィグルを武力占領している。これからも漢人の入植は続き、数の上でもウィグル人を圧倒するだろう。ウィグル人の暴動など怖くない。反撃して叩きのめせばいいだけだ。
 それに漢人が多くなれば、すべては民主的公平な選挙でことを進めることができる。国際的な批判もなくなる。
 こうしてウィグル人のウィグルは自然消滅する。これぞ中国流。
ラベル:ウィグル
posted by 愛国人 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

冤罪なんぞ何度でもやってやる

 何故冤罪が起こったか、裁判所はその検証はしないそうだ。冤罪くらいまたやってやると言わんばかりだ。国民は国家の手で犯罪人に仕立てられるリスクから逃れるすべはない。
 しかし、自分で自分を裁くなんて、裁判所じゃなくたってできないよね。警察や検察には初めから期待してないし。
 冤罪事件が発生したら、捜査過程や裁判所の判決を検証する独立の機関があってもいいんじゃないの?もちろん、たとえ裁判官と言えども責任者を罰する権限も持たせて。
ラベル:冤罪
posted by 愛国人 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

貧乏老人に使う金はない

 東京は陛下がおわします大日本国の首都である。そこに貧乏臭い老人がうろうろするなど、はなはだ好ましからざる光景なのである。貧乏老人は群馬あたりに追いやるのが適当である。向こうで火事で死んでも、それはあちらの問題である。
 私は今オリンピックで忙しいのである。老人施設を作ってそれが私に何のプラスになる?そんな金はない。金はオリンピックのためにこそ使わなければならない。オリンピックこそ私の舞台にふさわしいのである。
posted by 愛国人 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

貧乏人を毟る金持ち

 高い家電を買える人にはエコポイント、新車を買える人には補助金に減税、極めつけは相続税を払うほどの資産家に減税だ。
 一方で母子加算やら老人加算をカットされた生活保護世帯、1割負担が払えなくて作業所に行けなくなった障害者、介護報酬アップの陰で介護サービスを減らされる老人。
 広く薄く貧乏人から毟り取った金を、少数の金持ちが山分けするの図。これがまともな国の姿か。
 貧乏人の首を絞める真綿の一方の端を自民・公明が、もう一方の端を自民・公明に投票する人間、棄権する人間が持っている。
posted by 愛国人 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

不発弾

 不発弾事故に対し、政府はこれといった対策を考える気はないそうだ。沖縄県民が怒るのは当然だろう。
 だがしかし、最近の選挙で自民党を勝たせているのは県民だ。自民党政府がたかをくくるのも当然だろう。
 沖縄県民の怒りは本物なのだろうか?大多数の県民は本当に怒っているのだろうか?そんな疑問もわく県民の投票行動だ。
ラベル:不発弾
posted by 愛国人 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

利用してるの?

 派遣労働は280万人が利用してるから、廃止できないそうだ。派遣切りされた人、派遣切りにおびえる人は派遣という制度を利用している人達か?
 派遣法改悪のときも、「派遣という働き方を望む人がいる」という答弁だった。
 派遣という働き方は、働く人のための制度か、働かせる企業のための制度か、派遣の人達の現状が答だ。派遣で働く人は、選挙で自民・公明に一矢を報いるがいい。
posted by 愛国人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

なんたる国

 派遣村に溢れる派遣切りの被害者たち。新年を路上で迎える人達の群れ。なんたる国だ。自民・公明・御手洗、お前たち人非人、恥を知れ。
posted by 愛国人 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

誰が望んだ?

 国会での日雇い派遣への批判に対し、歴代首相・厚相は「そういう働き方を望む人がいる」と、答弁してきた。決して「企業の要望がある」とは言わなかった。
 歴史を見るがいい。かっての労働者は低賃金・長時間労働そしていつでもクビが当たり前だった。それを長い運動の末、一つ一つ改善してきたのではなかったか?その過程ではたくさんの先人が殺されもしてきた。
 自民・公明は日雇い派遣・請負という形で、これらの歴史を一気に巻き戻すことに成功した。企業と一緒になって、経済のために人間使い捨て。暮れの寒空に見殺しだ。
 誰が非正規労働者なんぞ望むか。
posted by 愛国人 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

税金で尻拭い

 キャノンに切られた人を役所が雇うそうだ。切られた人には朗報だ。おっと、切ったキャノンにも朗報だ。
 切った人が路頭に迷って問題を起こせば、いつまでもキャノンが変な目で見られかねない。
 キャノンは儲ける。尻拭いは税金でやらせる。御手洗氏の思う壷だろう。
posted by 愛国人 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。