2007年10月17日

好都合なミス

 給油量の次は航海日誌の破棄ときた。大きなミスがかくも都合よく起こるものか。給油量はばれてしまったが、破棄してしまえばばれる心配もない。うまいもんだ。
 これは自衛隊が独断でやっていることなのか、政府も承知の上なのか。政府も知らないところでやっているとしたら、シビリアンコントロールなど絵空事だ。
 軍隊なんてものは箍をゆるめれば、いずれ暴走する。新法に、国会承認を入れないということは、自民・公明はそれを望んでいるのか?佐藤隊長の例もある。自衛隊がいつでも法律に定められたとおりに行動するとは限らない。
posted by 愛国人 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

いつまで日本にしがみつくの?

 沖縄県人は昔から2等国民とされていたが、今も日本人の意識は変わっていないということが、今度の教科書問題でもよくわかったでしょう。日本人は2等国民たる沖縄県人を戦前も戦後も踏みつけてきたけど、これからもことあるごとに同じことが繰り返されるよ。こんな屈辱いつまで我慢するの?
posted by 愛国人 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

沖縄条項 原爆と同列にはならない

 教科書検定に「沖縄条項」新設の要望に対し、広島・長崎もあるので難しいと。原爆に特別な条項は必要ないでしょう。なぜなら日本人は自分が被害者になったことは決して忘れないから。
 問題は加害者になった事実を極力なかったことにしようとすることにある。恥を知れ、日本人。
ラベル:沖縄条項
posted by 愛国人 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

泥棒見逃しの市長

 職員の年金保険料横領を知りながら刑事告発しない市長は、市民よりも同僚たる役人の方が大事らしい。
 こんな仲間内のかばい合いを許すな。泥棒が盗品を返したら許してもらえるのか?何が社会的制裁だ。それは刑事裁判の判決の中で情状として斟酌されることだろうが。
 市民はこんな市長に投票してはいけない。
posted by 愛国人 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

金持ちが大衆の金を吸い上げる世界

 バイオ燃料のおかげで、穀物が暴騰しているそうだ。原油も天井知らずの有様。世界の投機資金が跳梁跋扈している。投機資金が大儲けする金は、世界の大衆が値上がりした食料やガソリンを買ったお金だ。
 かくして金持ちはますます金持ちになり、大衆はいつも貧乏だ。個人が額に汗して働くかどうかなどということは関係ない。
 アメリカがこんな世界を作り、かつ貧乏国から金を吸い上げることを国としてやっているのもアメリカ。世界一の軍事力と経済力で金持ちを肥え太らせ、自らも肥え太り続けるアメリカに、貧乏人が抵抗する手段として、テロ以外に何かあるのだろうか?
 サミットに合わせてテロの警戒訓練をしているらしい。何故日本がテロに狙われなければならないのか。アメリカ軍の尻尾について歩く自民・公明のせいだろうが。
posted by 愛国人 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

自作領収証がOKの法律って?

 自民党の千葉県連が自作の領収証を使っていたことに対し、総務省は違法ではないと。アングリである。
 領収証を自作するよりも、コピーをとるほうが事務負担が大きいだと?国民をなめた言い訳だ。自民党の特権意識も大概にしろ。千葉県民は恥を知れ。
 いっそのこと民間でも自作領収証を認めたらどうだ。
posted by 愛国人 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

社会の規範

 武道復活の目的は、社会の規範を身につけさせることだという。笑わせる。社会の規範は世のお偉方が身を持って示してくださっているではないか。
 政治家の金のごまかし方。警察の不祥事。教師の痴漢。役人の横領。
 何をしたって、無責任。やったもの勝ち。
 こんな勝手な連中が日本に君臨しているってことを、今の青少年は見ている。
 帳簿をごまかす連中を全部首にしてからものを言え。
posted by 愛国人 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

軍野放しに第一歩

 あくまでも軍国の再来を目指す自民・公明政権が、今度は自衛隊の海外活動への国会承認を不要にする算段をしている。こうして一歩一歩軍野放しに近づいていく。
 佐藤議員の発言も放置したまま自衛隊を自由にしていいのか?この流れを放置すれば、いつか必ず軍国が復活する。かっての日本国民の過ちをまた繰り返すのか?その時一部の軍人のせいにして、国民は被害者である、とだけ言えるのか?
ラベル:軍国
posted by 愛国人 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

首相としての判断はないのか?

 辞任は「遠藤さんが自ら判断したことだ」と言う安倍首相。疑惑発覚時も公正にとか説明をとか、一般論のコメントに終始した。
 首相として自らの内閣の大臣が起こした問題に対して、まったくなーんの判断も示さないってのはありかい?
 いやいや、ぬくぬくと育ったおぼっちゃまにこんな厳しい局面の判断を迫るのは酷ってものか。
posted by 愛国人 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

バレ元かい?

 書類を偽造して税金を詐取しようと、領収書を改ざんして偽収支報告書を作ろうと、ばれたら訂正して返せばそれで済むの?警察にしろ検察にしろなぜ刑事事件にしないんだろう?自衛隊官舎にビラまいたことより、よっぽど罪は重いんじゃないの?
 これじゃ、インチキはなくならないよね。だってバレ元だもん。今はたまたま重なったから騒ぎになるけど、単発だったらそれっきりなんだろうね。 
posted by 愛国人 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。